チャップアップに副作用?公式サイトで示している副作用を徹底解説!

大人気育毛剤のチャップアップは、天然成分を配合した無添加、無香料の育毛剤です。

そんなチャップアップにも副作用の危険性があると、公式サイトが示しているのです。

まずは育毛剤チャップアップについて、簡単におさらいしておきましょう。

チャップアップの特長を3行で説明します

チャップアップを3行で表すと、こうなります。

チャップアップの特徴
  • 数十種類の天然成分により育毛効果が期待できる
  • 刺激性の高い成分は配合されていない
  • 永久返金保証制度がある

特筆すべきは、永久返金保証制度ですね。

育毛効果が実感できなければ、商品代金を全額返金するものです。

販売する側からすると、何もメリットがない制度。

このような制度を堂々と設けているのは、商品に絶対の自信があるからでしょう。

多くのユーザーから支持されていることにより、その自信も確証に変わりつつあります。

しかし、商品に絶対の自信がある公式サイトで、副作用の危険性を示しているとは、どういったことでしょうか。

公式サイトに示されている副作用の危険性

公式サイトにある「よくある質問」の、Q:使用できる人は限られていますか?に対して、以下の場合はご使用にならないでください、と明記されています。

使用を中止する例
  • 頭皮に傷やはれもの・湿しん・かぶれ・ただれ・色素異常などがある場合。
  • 使用中、赤み・はれ・かゆみ・しげきなどの異常があらわれた場合。
  • 使用後のお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。

公式サイトで、はっきりと示している情報なので、絶対に間違いないでしょう。

この中で副作用と関連があるのは、2番目の使用中に関するものです。

それでは詳しく解説していきましょう。

チャップアップの副作用はズバリ2つある

使用中に赤み・はれ・かゆみ・しげき、といった異常が起きること。

これは以下の副作用が考えられます。

副作用
  • アレルギー性湿疹
  • 血行改善が原因のかゆみ

アレルギー性湿疹

チャップアップに配合されている成分は、安全な天然由来成分です。

さらに、香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベン・紫外線吸収剤・シリコーンといった添加物を使っていません。

第三者機関に委託した、商品検査でパッチテストや放射性物質検査までおこなっています。

注意点
ここまで徹底した品質管理をしていても、使用する人はアレルギー体質だった場合は反応が出ることもあります。

チャップアップのアレルギー性湿疹予防策は、自分でパッチテストをすることです。

チャップアップをセルフパッチテストしてみる

いきなり頭皮に使用して、アレルギー反応が出てしまうと、頭皮にも深刻な影響が出るでしょう。

そこでチャップアップも推奨している、セルフパッチテストです。

参考
やり方は簡単で腕の内側のような、目立たない皮膚の薄い場所にチャップアップを少し塗るだけ。

 

もしも、赤み・はれ・しげきなどが発生した場合は、チャップアップに対してアレルギー反応を起こす体質です。

異常が発生したら、使用しないで返金保証を利用すると良いですね。

血行改善が原因のかゆみ

使用した場所が、かゆくなった場合はアレルギーが原因とは言い切れません。

かゆみは、血行が良くなることでも起こります。

ポイント
チャップアップには、血行改善効果が期待できる成分も配合されています。

 

血行改善により、髪の毛に栄養を送る働きを狙っているのです。

血行が良くなることは、髪にとっても良いことですよね。

悪い意味ではなく、良い意味での副作用と言えるでしょう。

判断できない時はサポートセンターへ電話してみよう

かゆみが発生したけど、これがアレルギー性のものなのか、血行が良くなっているかが判断できない時もありますよね。

安易に自分で判断をせず、チャップアップのサポートセンターへ電話してみることをオススメします。

チャップアップは、通販限定販売にすることで余計な経費を削減し、削減した経費をサポートセンターに注ぎ込んでいます。

丁寧で確実な対応をしてもらえること、間違いなしでしょう。

チャップアップで抜け毛が増えちゃった?

チャップアップの口コミを見ていると、「抜け毛が多くなったから止めた。」というものが多く見られます。

実はこれ、初期脱毛という副作用の症状かもしれません。

初期脱毛は髪改善の兆し

ポイント
効果の高い育毛剤や発毛剤を使用すると、弱った毛が抜けて、その後に強い毛が生えてくるということがあります。

 

このように髪の毛が強くなる直前に、抜け毛が増える症状を初期脱毛といいます。

これも副作用といえど、良い意味での副作用と言えるでしょう。

チャップアップでは、使用してから1ヶ月程度経過した人から、抜け毛が増えたという報告が相次いでいるようです。

初期脱毛は基本的に発毛剤で起こるもの

良い意味での副作用である初期脱毛は、基本的に発毛剤と呼ばれるもので起こります。

チャップアップは育毛剤ですが、発毛剤との違いは何でしょうか。

育毛剤と発毛剤の違い

実は育毛剤と発毛剤の違いは、法律で定められたルールに則っています。

参考
発毛剤は医薬品で、効果が高い代わりに、副作用の可能性も高いです。

 

育毛剤は医薬部外品で、効果も副作用も、医薬品に比べると緩やかなものです。

チャップアップは育毛剤なので、副作用の危険性も低いということですね。

まとめ

今回はチャップアップの副作用について解説してきました。

注意点
チャップアップで懸念される副作用は、アレルギー性湿疹があげられます。

血行改善が原因のかゆみや、初期脱毛といった副作用は、良い意味での副作用なので問題ありません。

それでも自分で判断せずに、チャップアップのサポートセンターへ、電話で聞くことをオススメします。

効果の高い発毛剤と違う、育毛剤チャップアップ。

副作用の危険性は極めて低いですが、育毛効果は充分に期待できると言えるでしょう。